ゆるい暮らし

気ままに婚活。ファッション。グルメ。ダイエット。酒癖悪いです。アニオタゲーマーです。

結婚するために家を出た。

私が一人暮らしを始めたのは27歳。

それまで実家でのうのうと暮らしていた。

家事なんて何もしなかった。

 

仕事から帰り、家に着くころには温かいご飯が出来ていて、

買い物に行かなくても冷蔵庫には色々な食べ物が入っていて、

脱いだ服をカゴに放り込んだら洗濯されていた。

それが当たり前だと思っていた。

 

しかしアラサーになって、いつまでも実家に居座ることが恥ずかしくなってきた。

「実家にいたら婚期が遅れる」ともいうし

よし、一人暮らしをしよう。

そう決めて不動産屋に足を運んだ。

 

駅から徒歩6分。1R。築6年。家賃68,000円

それが私が初めて一人で暮らすお城だった。

 

初めはうきうきだった。

自由って素晴らしい。

いつ帰ってもいつ寝てもいつ食べても何もゆわれない。さいこーーーーー!!

毎晩一人晩酌さいこーーー。ぷしゅーーーー。

 

しかし、家事をしてくれる人は誰もいない。

いくら仕事で遅く帰ろうが、明日着る服のために洗濯物をまわし

ご飯を作らなきゃいけない。

一人分でも洗濯物ってめんどくさいのに、家族4人分をほぼ毎日洗濯するって

大変やなあ・・毎日ご飯の献立考えるのも。

お母さんってすごいな。

 

家を出て、一番いいことは「親に感謝するようになる」ことかな。

実家にいたころ、母親とは不仲で会話もすることなかったけど

久しぶりに実家に帰ると、いろいろ会話をするようになった。

離れたほうが家族と仲良くなることもあるんだな。

 

あと一人暮らしで心配だったのが「おばけ」笑

めちゃくちゃビビりでホラーなんて見た日には眠れなくなる私。

一人で怖くて眠れんくなったらどうしよう・・!心霊現象がおきたら??

なんて思ってたけど、一週間もすりゃ

何か音がしても夜中目が覚めても平気。

人間慣れたら強くなれるもんみたい。

 

結婚することになって、結局1人暮らししたのは2年くらいやったけど

毎日自由で、一人の時間満喫できて

楽しかったなあ。

結果、結婚もできたのでやってよかったです。一人暮らし。